タバコ、ヴェポライザー

超コンパクトで売れ続けるiQOS互換品「iSMOKE」とは何者か?

こんばんわ。イカぞーです。

ありがたい事に商品提供のお話をいただいたのでご紹介させていただきます。
今回紹介させていただくのはiQOS互換機としてロングヒットを続けているiQOS互換機「iSMOKE」です。

前々から知っている商品ではありましたが、今回実際に使用する事ができましたので詳しくレビューしたいと思います。今回提供していただいたのはiSMOKE様チェックしてみてください。

あわせて読みたい
急げ!iSMOKEが8/9〜9/8までサマーキャンペーンで1000円オフにどうもイカぞーです。 iSMOKEからお得なキャンペーンのお知らせです。 サマーキャンペーンで公式ページからの購入で...

iSMOKEとは?

これぞ次世代の加熱式タバコと言わんばかりのデザインのiQOS互換品。
デザインもオシャレですが機能性もシンプルそれでいてコンパクトです。
iQOS互換品としてはかなりのロングヒットで売れ続けている商品で、色んなサイトの口コミでも軒並み高評価が並んでいますし、商品の出来の良さが伝わりますね。

シンプルさを追求したデザインの為、機械系弱いけど電子タバコに移行したいって人にはおすすめですね。

僕にはSTAR WARSのC-3POにしか見えなかったのでアイキャッチはSTAR WARS絡み写真です。
※別にiSMOKEがSTAR WARSとコラボしている訳ではありません( ´∀`)

  1. オシャレ
  2. シンプル
  3. コンパクト

iSMOKE 内容物紹介

内容物は

  • 本体
  • 充電用のマイクロUSBケーブル
  • クリーニングブラシ
  • 取り扱い説明書

取り扱い説明書が日本語という安心感( ´∀`)
電子タバコでは英語の説明書がほとんどですから安心出来ますよね。
まぁ説明書がいらないぐらい操作も簡単なんですけど。

充電に関してはスマホの充電器で対応出来ますね。スマホなどのアダプターでマイクロUSBの付け替えのみで充電できますよ。

※iQOSの純正アダプターは5V2Aです。故障を防ぐ為にも5V1Aのものを使うようにしましょう

iSMOKEの使い方

iSMOKEの素晴らしいポイントの1つが加熱時間の速さです。
この加熱時間を圧倒的に早めているのがスタンバイモード(準備モード)の存在です。
このスタンバイモード(準備モード)最初はめんどくさい感じがしますが、慣れれば加熱までの待ち時間短くしている素晴らしい機能です。
順番に説明しますね。

1まずiSMOKEのボタンを5回押す


これでスタンバイモード(準備モード)に入ります。
2秒間の間に5回ボタンを押す動作が、最初は慣れないかもしれませんがすぐ慣れますよ。

この5回クリックはチャイルドロックの役割を果たしています。
子供にはなかなかこの動作は難しいとは思いますが、
喫煙後にはもう一度5回クリックしてスタンバイモードを切っておきましょう。

2 iSMOKEのボタンを2秒長押し

スタンバイモードに入っていれば後はiSMOKのボタンを2秒長押しするだけ。
なんだこのオシャレなボタンの光り方。ボタンの中に目のようなライトが付き点滅が始まり、点滅から点灯に変われば喫煙OK!
なんと驚きの速さ約10秒で吸い始める事が出来ます。
本体のコンパクトさはもちろん、この待ち時間の短さはiSMOKEの最大のメリットではないでしょうか?

3 吸い殻をキャップごと取り外す

吸い終わったらキャップごと吸い殻を取り外しましょう。
吸い殻だけを引き抜くとキャップ内部にタバコの葉だけが残ってしまいます。
もし残ってしまった場合は裏からつまようじの様な物でツンツンしてやれば取れますよ。
吸い終わった直後はキャップが若干熱くなっているので火傷に注意です。
特にチェーンスモークの後はかなり熱くなっているのでしばらく待った方がいいです。

加熱針が丸い形状なので中心から綺麗に加熱されているのが見て分かりますね。

iSMOKEの充電方法は?

iSMOKEには充電用のマイクロUSBケーブルは付属していますが、充電用のアダプターは付属していません。僕はiPhone用の充電アダプターを使用しました。
もし充電用のアダプターが無いと言う方は100均でも売っていますよ。
バッテリー空の状態からは約1時間40分ぐらいでした。

バッテリー残量の確認方法

スタンバイモード(電源ボタン5回押しの準備モード)に入っていない状態で電源ボタンを一回押せばバッテリー残量を確認出来ます。

ライトは全部で3つありますが

1つ点灯・・・・・10〜30%
2つ点灯・・・・・30〜70%
3つ点灯・・・・・70〜100% となります。

電池残量はおおよそなので早めの充電を心がけた方が吸いたい時に電池が無い!
なんてシチュエーションは防げました。
僕は充電が1つ表示になったらもう充電していました。
本体が小さいのでモバイルバッテリーと一緒でもかさばりませんし、鞄に入れておけば出先でも安心です。

iSMOKEのクリーニング方法

iSMOKEには本体が高温に発熱して発熱針の汚れを取るクリーニングモードが搭載されています。

1・キャップを外して本体の電源ボタンを5回押しスタンバイモードに入れる。

2・スタンバイモードに入ったら電源ボタンを3回押します。

これでiSMOKEのクリーニングが開始されます。
クリーニング中は本体の電源ボタンのみが点滅します。クリーニングが終われば自動でスタンバイモードに戻ります。
※クリーニング中は本体の発熱針が高温になる為触れない様に注意してください

クリーニングが終了したら付属のブラシで発熱針の周りとキャップをブラシで掃除しましょう。


メーカーの推奨は20本吸うごとにクリーニングとなっていますが、僕は40本ぐらい吸っても味に変化は感じられませんでした。
でも楽しい喫煙を送る為には20本での掃除をオススメします。
iQOS純正品でも20本ごとの掃除が推奨されていますしね。

汚れがひどい場合はエタノール付きの綿棒での掃除をオススメします。
アマゾンや楽天などで安く買うことが出来ますよ。
こちらも買って置くといざ掃除しようって時にいいですね。

 

iSMOKEのいいところ・悪いところ

僕が実際に一週間iSMOKEのみで過ごして感じたところを紹介しますね。
メリットもデメリットも包み隠さず紹介します。

iSMOKEのいいところ

・軽い

iSMOKEを携帯して思うのはまずこれ。
タバコとライターを持っていた頃よりも僕は小さく感じました。男の人であれば仕事中でもポケットに入っている人なども多いのではないでしょうか?純正品であればやはり純正品のチャージャーがかさばりますからね。
iQOSのホルダーの重さは20gなのでiSMOKEは30gあり、純正品よりは重いのですが純正品のようにチャージャーを持ち歩かないだけでこんなにポケットがかさばらないのかと思いました。仕事中ポケットパンパン嫌ですよね( ´∀`)

・チェーンスモーク(連続吸い)が可能

これはiQOSの互換機としてはもうどの機械も搭載しているんじゃないでしょうか?
純正のiQOSでは一度喫煙した後は、再度ホルダーに戻して充電する必要がありますよね?
iSMOKEではチェーンスモーク(連続吸い)が可能です。

喫煙所で話が弾んで・・・もう一本吸いたい!でも待ち時間めんどくさっ!(´-`).。oO
こう感じたことがある人はぜひiSMOKEを試して欲しいです。
次のタバコを吸うまで約10秒です。iSMOKEならストレスない最高13本までのチェーンスモーキング(連続吸い)が可能なんです。

・操作性が簡単

最近のiQOS互換品は加熱の強弱など操作性が少し難しいものも出てきましたね。
タバコってのは火つけてシュバって吸うもんなんだよ!って人でもiSMOKEならびっくりするぐらい簡単です。

  1. ボタンを5回押す
  2. ボタンを2秒押す

簡単に言うとこれだけですからね。

・加熱の速さ

スタンバイモードがめんどくさいと言うレビューもありますが、このスタンバイモードのおかげで加熱スタートから吸えるまでの時間が約10秒と言う驚きの早さを実現しています。

・カラーバリエーションの多さ

カラーバリエーションの多さもiSMOKEの特徴の1つですね。
カラーは全部で7種類。デザインがかっこいいので、純正品との差別化は十分できると思いますが、色にこだわってみるのもいいですね。

iSMOKEの悪いところ

iSMOKEは全体的に非常にいい出来なんですが残念な部分もあります。
実際に使用していて感じた少し残念なところを紹介します。

・軽さゆえのチープ感

本体がすごく軽いだけに少しチープに感じてしまう方もいるかもしれません。
人間は重い物ほどいい物であると思い込んでしまう事がある様です。
コンパクトでいいんですが実際に使用していて安っぽそうという意見も言われました。

・加熱後のキャップが熱い

iSMOKEの素晴らしいところとしてはチェーンスモークができること、加熱が早いこと。
つまり2本目をすぐ吸ってしまうんですよねー。そうするとキャップが熱くて取れない。。
これは少し待てば冷めますし、大した問題では無いんですがタバコ吸い終わってすぐ吸い殻
捨てれないのはちょっとストレスかも。

iSMOKEの購入方法は?どこで売ってる?

iSMOKEは実際の店頭では取り扱いがありません。これから店頭に並ぶ可能性もありますが現状ネットで買うしか購入方法はありません。
有名なのがAmazonですが、公式ページからの購入ですと追加料金を払うことで保証を1年間に伸ばすことが出来ます。加熱式タバコは電化製品みたいなものなので保証は長い方がいいですね( ´∀`)

次世代加熱式たばこ「iSMOKE」

iSMOKE使って気付いたオススメの吸い方

加熱時間の早いiSMOKEなんですが吸って見ると吸い始めの喫味が軽いんです。
これはもしや一本のヒートスティックで2回吸えるのでは?と思って連続で二回目吸ってみると意外とイケる!
むしろ2回目の方が味もミストもハッキリして好みかも。2回目の後半は若干焦げ臭さがしますがヒートスティック一本で2回吸えるならコスパ高いですね。
iSMOKE購入した方はぜひ試して欲しいです( ´∀`)

iSMOKEの感想とまとめ

非常によく出来たiQOS互換機です。
なぜこんなにロングヒットで売れ続けているのか理解出来た気がします。
日本語の説明書やサポート体制が整っているのも魅力ですね。

僕は最近プルームテックに移行しようと思っていましたが、やはりプルーム・テックには吸いごたえが足りないなぁって思う時があるんですよね。
で、結局普通のタバコも買っちゃったり。。。(´-`).。oO
周りでプルーム・テックと普通のタバコ持ち歩いてる人いませんか?
どうせなら健康被害の少ないとされる加熱式タバコにしましょうよ。
iSMOKEなら2台持ちでもかさばりませんしね。

吸いごたえとコンパクトさ両方兼ね備えたiSMOKEはこれからもまだまだヒットしそうな予感です。

ABOUT ME
イカゾー
ガジェット、アウトドアが好きのマイホームローンパパです。 週末のホームセンター通いがやまられません。 夢は早期リタイアで海の近くで暮らすこと。
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。